イタズラ電話

趣味の古墳散策、タイピング速度の記録など(e-typing腕試し自己ベスト497pt)。そのうち書評なども書きたい。

箸墓古墳(奈良県桜井市)②

前回のつづき。

Googleマップで色々な角度から眺めるのも、古墳探索の楽しみの一つだ。

 

 

f:id:kvjdyey:20170928204536j:image

まさに巨鯨という趣の墳丘。

1700年以上経過していると推測される割には、それほど年輪を重ねた大木は多くないように見えるが、どうなのだろう。あくまで推測だが、宮内庁によって立ち入り禁止となる以前には、地域住民たちによって生活資源として墳丘の木々が伐採されていたのかもしれない。

 f:id:kvjdyey:20170928204552j:image

後円部のすぐ脇から。墳丘の周辺に沿って車道が通っている。この低い柵の向こうは、女王卑弥呼が眠るともいわれる禁足地だ。思わず目を凝らしてしまう。

 

f:id:kvjdyey:20170928210730j:image

墳丘の裾に沿って、車道が続いていく。

 

f:id:kvjdyey:20170928210811j:image

パノラマ写真を撮ってみた。前方部はカーブの折れ曲がるあたりから始まる。

 

f:id:kvjdyey:20170928210935j:image

前方部正面には鳥居が立っている。

 少し古墳から離れて、周辺を散策してみる。

f:id:kvjdyey:20170928204702j:image

古来よりこの一帯には溜池が多いらしい。ちょっとした池一つにも、かつての大王とのゆかりがあるのだろうか。

 

f:id:kvjdyey:20170928204837j:image

この池の亀たちはどうも人間の足音に敏感に反応するようだ。池の周囲の土手に登ってこの写真を撮ったのだが、亀たちはすぐに池の中に隠れてしまった。

 

今回はここまで。

次回は、箸墓の周濠の一部である、箸中大池から対岸の箸墓を臨む。水面に映る墳丘は、どんな姿を見せてくれるだろうか。